スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruby on Rails インストール

いろいろ詰まりまくったので覚書。

職場の環境の関係で WindowsでRuby_on_Rails+Postgresで環境を構築。
1.9...のRubyはRais2.0が難色を示したのでパス。
(Ruby 1.8.x系に入ってるdllが要ると言われるが、入れても無反応)

社内からだとProxyにはじかれるので、
下記を参考にRailsのパーツを集める。
http://d.hatena.ne.jp/SiyaF/20090512/1242100160
インストールの最中にRackが必要になるのでそれも落としておく。

デフォルトのままだと、sqlite3-rubyが無くて、
サンプルサイトの様に作れないので、保険で突っ込んでおく。
同DLLも、RubyHone\binの下に突っ込んでおく。

postgres は バージョンが若干古臭いが、
ruby-postgres-0.7.1.2006.04.06-mswin32.gem を落として突っ込む。

ローカルでの突っ込み方は、gemにパスを通した後、
# gem install XXXXX --local
という風に突っ込む。
現在突っ込んであるGemに関しては、
# gem list --local
で確認できる。
アンインストールは
# gem uninstall XXXXX
という感じ。

Rubyに関しては Windowsならパッケージになってるのを突っ込むのが楽。
Pathもとおしてくれる。

Postgresは物によっては気が利かないので自力でPATH通すこと。
$POSTGRESHOME\bin


rake create:dbができない件。

active_record/connection_adapters/postgresql_adapter.rb
が、存在するので(ファイル検索でひっかけると出てくる)

def PGconn.quote_ident(name)
%("#{name}")
end

を終盤部分のDefEndの関連に干渉しないように書きこむとで解消。

Undefindでこけるのを解消
http://ameblo.jp/baixo/entry-10189345393.html
so が無いとかそういう話らしい。

・・・これで動くようになったのだが。
EclipseのAptanaを突っ込んで同期させたら
足りないファイルを自前で突っ込まれた。今までの苦労は?
スポンサーサイト
プロフィール

えび

Author:えび
ゆる系みそじんじゃー到達。
多分技術屋。

PG等のノウハウや
自分の好きなものを書く予定。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。